大分工、中津南を振り切る【大分県】

全国高校野球大分大会第11日

©有限会社大分合同新聞社

【大分工―中津南】6回裏大分工1死二塁、日高が右翼線に先制の適時二塁打を放つ
選手に指示を出す大分工の山本一孝監督

 ▽3回戦

中津南 000 000 000|0

大分工 000 001 11X|3

 【評】先手を奪った大分工が中津南を振り切り、準々決勝に進んだ。

 大分工は六回、和田の四球出塁と盗塁で好機を広げ、日高の右翼線への適時二塁打で均衡を破った。七、八回にも加点してリードを広げた。先発の日高は9回を被安打5で完封した。

 中津南は先発の福田らが好投したが、打線が散発の5安打に抑えられ、得点できなかった。

〇エースが先制打、完封

 エース日高翔太(3年)が投打で躍動し、8強入りを決めた大分工。山本一孝監督は「自分のペースを守り、素晴らしい投球。守備もよくもり立てた」とうなずいた。

 相手投手を打ちあぐね、五回まで無安打。だが六回、1死から和田望夢(同)が四球出塁し、すかさず盗塁を決めた。直後、打席の日高は「変化球に絞った」。バットの先で捉えた打球は右翼線に転がり、初安打が先制の適時打になった。

 投手の日高は四回から七回まで先頭打者の出塁を許した。それでも後続を抑え、スコアボードに0を並べ続けた。「走者を出しても慌てず、落ち着いて投げられた」と白い歯を見せた。

 次は杵築と4強を懸けて戦う。今宮悠斗主将(同)は「強力打線を封じ、後半勝負に持ち込みたい」と力を込めた。

〇中津南主将「打てず悔しい」

 中津南は打線がエースの力投に応えられなかった。それでも佐藤俊彦監督は「粘ってよく戦った」とたたえた。

 初戦で完封した先発の福田想平(3年)が「リズムよく投げることを意識した」と、5回を無安打投球。打線は六回、1死二塁の先制好機を築いたが、得点できず、流れをつかめなかった。

 橋本大輝主将(同)は「投手陣はよく投げていた。打てずに悔しい」と肩を落とし、福田は「仲間と一生懸命戦えたことが楽しかった。最高の思い出」と涙をぬぐった。

〇2巡目、低めに絞る

 緩急をうまく使う相手投手に苦しんだ大分工。「狙い球を絞れず、相手の術中にはまっていた」と山本一孝監督。だが打順が2回り目に入った際の指示が、中盤以降の得点を呼び込んだ。

 1人も走者を出せないまま迎えた四回、飛球が多かったこともあり、狙い球を「低めに絞ろう」と指示。その後もなかなか安打は生まれなかったが、六回、初安打が先制打になると「攻める気持ちが前面に出た」。

 七回に1点を加え、八回は主砲に送りバントを指示して得点圏に走者を進め、さらに1点を奪うことに成功した。

 「投攻守がかみ合い、次につながる勝ち方だった」と山本監督。