【やまぐち深発見紀行】

No.151「平川・国指定天然記念物『平川の大スギ』」

©株式会社サンデー山口

山口市吉田の雑木林に立つ「平川の大スギ」。推定樹齢800年ともいわれる巨木の堂々たる風格は、見る者を圧倒する。

 
 山口大国際交流会館前の三差路近くにあるコンビニエンスストア脇を道なりに進むと、国の天然記念物「平川の大スギ」がある。
 
 説明看板によると、数株が接着し、高さ約35メートル、目通り周囲約8・5メートル、根回り10・5メートル、日本海側に生息するスギの特徴を持つ巨木だ。平清水八幡宮(山口市吉田)社有地の雑木林に、ひときわ大きな存在感を持ってそびえ立つ。
 
 推定樹齢は約800年。頭痛の時は樹皮を頭に巻き、歯痛の時は樹皮をかむと治るが、樹枝を切ると奇病にかかるとの言い伝えが残る。柵内への立ち入りは禁止だ。