「コロニアル」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

©株式会社和久環組/リノベ不動産

誰でもわかるリノベ用語集247

■コロニアル

「コロニアル」には「植民地の」、「植民地風の」という意味があります。最近では、コロニアル屋根を使用する家が増えています。

セメントや繊維を混ぜ合わせて作った屋根材のひとつで、普及率も高いものです。別の言い方として「化粧スレート」や「カラーベスト」などがあります。低価格で安く施工でき、耐火性、耐熱性に優れた機能面も魅力です。ただし、10年おきに定期的なメンテナンスが必要です。

各辞書・辞典からの解説

「コロニアル」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「大辞林 第三版」より
「大辞林 第三版」において「コロニアル」とは、1つ目の意味が「植民地風であること。また、そのさま」、2つ目の意味が「特に17~19世紀、植民地時代のアメリカの建築様式」となっています。

(2)「デジタル大辞泉」より
「デジタル大辞泉」において「コロニアル」とは「植民地の」、「植民地風の」という意味があると説明されています。

(3)「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「コロニアル」とは、以下のような文章で説明がされています。
「アメリカ合衆国がイギリスなどの植民地であった時代の建築や家具の形式。シンプルさや機能性を求める傾向にあり、アーリーアメリカンと言われる事もある。」

(1)〜(3)を合わせてみると、「コロニアル」とは、「植民地風の」という意味であるとおわかり頂けたと思います。