池上彰が新手法の“面白プロフィール”に自信! テレ東で参院選特番

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では、参議院選挙の投開票が行われる7月21日に、選挙特番「TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ」(午後7:50)を生放送する。放送に先立ち、ジャーナリストの池上彰と同局キャスター・大江麻理子が番組の見どころなどを語った。

番組では、「政党幹部や注目候補者に鋭く切り込む!池上彰VS政治家の生中継トーク」「選挙戦取材で見えてくる“政治家って何だ?”」「候補者の面白プロフィール、今年はどんなプロフィールが登場するのか!?」「進化した“オリジナル模型”で分かりやすすぎる池上解説」「池上彰さんが“Vチューバー”に!?Vチューバー“イケガミ君”が登場」「小島瑠璃子が行く!“選挙な現場”移動中継 番組内にどこまでいけるのか!?」などの企画とともに選挙の模様を伝える。ゲストとして、峰竜太、宮崎美子、カンニング竹山、小島瑠璃子らが出演する。

池上は「また選挙特番をやることになりました。いつもテレビ東京というのは、常に新しいことをやるという伝統もありますし、選挙特番においても『あ、テレビ東京はこんなことやるのか』というものを、また今回新機軸で打ち出していきたいなと思っております」とあいさつ。

大江は「池上さんとテレビ東京が選挙でタッグを組んで、今回で7回目ということなんですね。私も池上さんの隣で選挙を体験するというのは今回で7回目ということになりまして。毎回、池上さんが中継で政治家の皆さんに鋭い質問を繰り出すのをハラハラドキドキしながら見守っているという状況ですけれども。今回もどんな質問、やりとりが飛び出すのかというのを心から楽しみにしています」と期待を寄せた。

今回の参院選の争点について池上は「とにかく選挙の直前に年金のいわゆる“2000万足りない問題”というのが出ましたよね。あの時、特に政治家の人たちが『マクロ経済スライド』について言及しているんですけど、『マクロ経済スライド』って初めて聞いたという方も多いと思うんですよね。この特番では、『そもそもマクロ経済スライドとはどういうことなのか?』というのを模型を使って分かりやすく説明しようと思っています。そして、『100年安心プランというのは、誰にとって安心なのか?』ということも改めて提示して、視聴者の皆さんに考えてもらおうという、そういう企画を練っております」と予告した。

また、若者の選挙離れから選挙へ導くアドバイスについて、「特に若い人が誰を選んだらいいのか分からないと言ってますよね。まずは調べてほしいなと思いますよね。それぞれの政党や候補者が言ってることをまず見てほしい。それは新聞でも雑誌でもあるいはネットでも、Youtubeもありますし、いろんな媒体で、まず自分で知ってほしいなという、そんな思いを持っています」と述べ、大江は「この池上さんの選挙特番というのは、毎回、生放送をした後に『これを選挙前に見たかった』という声をいただくんですよね。ですので、なるべく皆さん情報を事前に調べていただいた上で、答え合わせのような形で番組を見ていただければなと思っております」と語った。

さらに、新たな企画について「候補者の面白プロフィールというのは、テレビ東京が最初にやったんですよね。次から、他の局が非常に同じようなことをやるようになってしまって、それでなんとなく差が出ないようなイメージになっています。政治家もやっぱり人間なんだよねっていうことを分かってもらおうというのが面白プロフィールなんですね。だったら今度は違う手法で、『ああ普段偉そうなこと言ってるけど』とか、あるいは『いろんな政策を語っているけど、こういう人間味があるんだ』ということが分かってもらえるような新手法を開発しました。現時点はまだ言えないんですけど。『そうか、この手法があったのか』というのを出すことになっています。非常に面白いものになっているというのは、ちょっと自画自賛ですけれども(笑)、当日を楽しみにしていただければと思います」と期待を持たせた。

大江も「その新手法の企画を最初に聞いた時、『そんなことするんですか!?』とひっくり返りそうになるくらい驚いたんですね。ただ、それをゆっくり見てみると、政治家の信条ですとか目指している国の姿みたいなものが浮き彫りになってくるという意味で、『あ、こういう手法があったのか』と非常に納得感がありました。あと、Vチューバーの“イケガミ君”ですけれども、これは時空を超えて池上くんはいろんなところに行けるということで、これまで政治に翻弄(ほんろう)された経験を持つような場所に行って、当時、それから今どうなっているのかというのを比べることもできますので、そういった意味で、政治って何だろう? これからの日本ってどんな形になるんだろう?としっかりと考えられる4時間になると思います」と紹介しアピールした。