京アニ火災、中国のファンに衝撃 心配や支援の声も

©新華社

京アニ火災、中国のファンに衝撃 心配や支援の声も

   19日、放火火災が起きた「京都アニメーション」のスタジオ。(京都=新華社記者/杜瀟逸)

 【新華社北京7月19日】日本のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日に起きた放火火災のニュースは、中国でも衝撃をもって受け止められている。同社は中国のファンの間で「京アニ」に合わせた「京阿尼(あに)」の愛称で呼ばれており、彼らは今回の事件で多数の死傷者が出た惨状にショックを受け、ネット上では心配や支援の声が上がっている。

 短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」には、次のような悲しみを示すコメントが並んだ。

京アニ火災、中国のファンに衝撃 心配や支援の声も

 「暗い一日だった。理解できない犯罪だ」

京アニ火災、中国のファンに衝撃 心配や支援の声も

 「国籍を問わず、アニメを愛する人々は今回の火災で同じ痛みを味わった」

京アニ火災、中国のファンに衝撃 心配や支援の声も

 「芸術には国境がなく、京アニは日本の2次元文化を制作・輸出する優れた会社として、これまで私たちに日本人の心にある『美』と生活に対する情熱を見せてくれた。アニメの発展に力を尽くしてきた人々がこのような不幸に遭うべきではない」

京アニ火災、中国のファンに衝撃 心配や支援の声も

 「彼らはアニメを一生の仕事とし、作品を命として扱ってきた」

 京アニの大ファンである会社員の韓さん(20代)は「京アニは私が大好きな『涼宮ハルヒの憂鬱』など多くの優れた作品を生み出しましたが、今回の事件で多くの優秀な人材を失い、多くの作品が制作中断に追い込まれたことは本当に残念です」と述べ、「このような暴力的で無差別に人を傷つける手段は、いかなる理由であれ許されない」と犯人への怒りを示した。

 中国のネット上では、多くのファンが悲しみのメッセージを載せている。また、中国から京都の火災現場に向かい、犠牲者に哀悼の意を示した熱心なファンは、NHKの取材に対し「気持ちが重いです」と語っていた。

 中国国内ではこの他、多くのネットユーザーが「京アニ」のグッズや作品のデジタル画像などを購入して、同社が危機を乗り越えるよう支援する動きが出ている。(記者/沈氷潔、竜怡欣、岳晨星)