参院選長崎選挙区 立候補者の略歴、公約 古賀友一郎(51) 自民 現(公明推薦)

©株式会社長崎新聞社

敬称略、年齢は投票日7月21日現在の満年齢。(元)以下は過去の経歴。▽以下は最終学歴、住所。丸数字は当選回数。

【公約】
 (1)健康寿命の伸長、65歳定年および70歳継続雇用を推進し、持続可能な社会保障を確立(2)再生エネルギーや水素の活用によりエネルギー構造を転換し、内需振興、地球温暖化防止等を推進(3)基盤整備や販売力強化により農林水産業の生産性・収益性を向上させ食料自給力を強化(4)交通インフラの整備と老朽対策により産業振興と防災・国土強靱(きょうじん)化を推進(5)地方交付税等の地方一般財源を充実確保。大都市と地方の税収偏在是正を推進する

【略歴】総務兼内閣府政務官(元)党参院議院運営委員会理事、党税制調査会幹事、党参院国会対策副委員長、党参院副幹事長、長崎市副市長、総務省職員▽東京大法学部卒、長崎市油屋町(1)