暴力団員を隠し口座解約免れる

室蘭署、容疑の男逮捕

©株式会社室蘭民報社

 暴力団組員であることを隠して金融機関の口座解約を免れたとして、室蘭署は19日、室蘭市中島町の指定暴力団山口組系組員の男性容疑者(71)を詐欺容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 同署によると、容疑者は今年2月、室蘭市内の金融機関で口座の住所を変更する際、反社会的勢力であることが判明すると、口座が解約されるため、組員であることを隠して住所変更手続きを申し込み継続利用し、不法の利益を得た疑い。同署は余罪などの捜査を進めている。