宮迫・亮会見「社長に『お前ら全員クビにする力ある』と...」 一方で「会社を攻撃したいなんて、思ってなかった」

©株式会社ジェイ・キャスト

反社会勢力の絡んだ「闇営業」問題を受け、お笑い芸人の宮迫博之さんと田村亮さんが2019年7月20日に開いた会見。冒頭、2人は約15秒にわたって頭を下げ、一連の騒動について謝罪した。

謝罪会見に臨んだ宮迫さんと田村さん(2019年7月20日撮影)

だが、会見の中で2人が口にしたのは、謝罪の言葉だけではなかった。吉本興業側に対し「不信感」を露わにしたり、一方で「育ててくれて感謝しかない」と述べたり、複雑な心中をうかがわせていた。

「お前ら全員クビにする力があるんだ」

会見冒頭、宮迫さんと田村さんは「本当に申し訳ございませんでした」とそろって謝罪。とくに、「闇営業」で金銭を受け取っていないという虚偽の説明をしたことについては、

「今回の騒動は、僕の保身からくる、軽率な嘘から始まっています。そのせいで、後輩たちも巻き込んでしまいました。僕の責任、僕のせいです」(宮迫さん)
「僕の弱い部分のせいで、人としてダメな部分のせいで虚偽の説明をしてしまいました」(田村さん)

と自らの非を認めたうえで、それぞれが目に涙を浮かべ、声を震わせながら謝罪の言葉を重ねた。

だが、この日の記者会見が開かれるに至った「経緯」について話が及ぶと、2人の声色が変わった。会見での説明によると、田村さんは吉本側に「記者会見をやらせてほしい」「事務所を辞めてでも会見をしたい」などと何度も要望していたが、

「駄目だ。記者会見をさせるつもりはない」

と拒否されたという。

さらに、吉本興業の社長に会見の要望を直接告げたところ、「お前ら、テープ回してないやろな」と確認されたうえで、次のように告げられたという。

「亮、ええよ。お前やめて1人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら、全員連帯責任で首にするからな。それでもええんやったら、記者会見やれ。俺には、お前ら全員クビにする力があるんだ」

宮迫さんによれば、こうしたやり取りがあったのは6月24日。吉本興業は同日、「闇営業」に関係した芸人11人を謹慎処分としている。

「本当のことを言う手助けをしてほしかっただけです」

その後、事態が大きく動いたのは7月18日。

2人は弁護士をつけたうえで吉本側と話し合いを重ね、記者会見を開く方向で調整が進んでいた。しかし、18日になって突然、「2人の引退会見、もしくは契約解除を選んでください」という趣旨の書面が届いたという。

「意味が分かりませんでした。引退ということもなく、謝罪会見をさせてもらえると思っていた僕たちはどうしていいのか分からなくなりました」(宮迫さん)

2人はこうした吉本側の提案に応じず。宮迫さんは翌19日にマネジメント契約の解消が発表された。田村さんには連絡がないというが、本人は会見中に「契約解除していただきたいと思っています」と話していた。

ただ、事務所への思いを問われると、宮迫さんは「30年間育ててくれた吉本に対して、そりゃ感謝しかないですよ」として、

「こんな事したいわけないじゃないですか...。すみません」

と嗚咽を漏らした。

また田村さんは、「好きだった会社がこんな風に変わるんだ」とポツリ。その上で、吉本側が芸人との関係を「ファミリー」と表現していたことを引き合いに、ハンカチで涙をぬぐいながら、次のように語った。

「(事務所と芸人が)ファミリーだとするんだったら、僕は子供だと思ってます。子供が本当に悪いと思っていることを謝ろうとしているのを、止めるのが親ではないと思います。それをやられて、不信感...、不信感が。...(言葉に詰まる)...不信感しかなくなってしまいました。僕はただ背中を押してほしかった、本当のことを言う手助けをしてほしかっただけです」

田村さんはさらに

「会社を攻撃したいなんて、1ミリも思っていなかった」

とも明かした。

会見は、若干の中断をはさみ、約2時30分間行われた。この会見は、事務所を通さず、2人が中心となって行ったもの。20日19時現在、吉本興業の公式サイトには、この会見に対するコメントは出ていない。