野洲など準々決勝進出を決める 高校野球滋賀大会4試合

©株式会社京都新聞社

野洲─石山 野洲の2番手で登板した河島(彦根)

 第101回全国高校野球選手権滋賀大会は20日、皇子山、彦根の両球場で3回戦4試合を行い、野洲が6―0で石山に完封勝ちし、8強進出を決めた。近江も4―1で彦根翔西館を下した。

 近江兄弟社は6―2で北大津に快勝、滋賀学園は7―0で八日市に八回コールド勝ちし、それぞれ準々決勝に進んだ。

 21日も両球場で3回戦4試合を行い、ベスト8が出そろう。