J1神戸が3連敗、1人退場の横浜Mに0ー2の完敗

©株式会社神戸新聞社

神戸-横浜FM 前半、失点して肩を落とすイニエスタ(右)ら神戸の選手=ノエビアスタジアム神戸

 サッカーの明治安田J1リーグ第20節第1日の20日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で横浜F・マリノスと対戦し、0-2の完敗で3連敗となった。神戸は2勝2分けと好調だった6月から一転、7月は3戦全敗となり、15位に転落。シーズン2度の監督交代などで立て直しを図ってきたが、現実は残留争いに巻き込まれている。

 神戸は試合序盤、古橋やビジャらがシュートを放つも得点できず、前半38分、GK前川のミスから横浜Mに先制された。後半は古橋を倒した横浜のチアゴマルチンスが退場となり、一気に攻勢に出たが、後半33分にPKから追加点を奪われた。