福島・広田組が決勝進出 バド・インドネシアOP

©新華社

福島・広田組が決勝進出 バド・インドネシアOP

20日、試合に臨む日本の福島由紀(奥)と広田彩花。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)

 【新華社ジャカルタ7月20日】バドミントンのインドネシア・オープンは20日、ジャカルタで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスで日本の福島由紀、広田彩花組が中国の陳清晨(ちん・せいしん)、賈一凡(か・いつはん)組を2-0で下し、決勝に進出した。

福島・広田組が決勝進出 バド・インドネシアOP

20日、試合に臨む中国の陳清晨(手前)と賈一凡。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)

福島・広田組が決勝進出 バド・インドネシアOP

20日、試合に臨む中国の陳清晨(奥)と賈一凡。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)

福島・広田組が決勝進出 バド・インドネシアOP

20日、試合に臨む日本の福島由紀(奥)と広田彩花。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)