【町田忍の素晴らしき庶民文化】レトロ反物を使ったおしゃれアロハ

©株式会社ライトアップ

今回ご紹介するコレクションはアロハシャツ!前回は、町田さんのセンスがギラギラ光るオリジナルアロハだったので、今回は既成品や、既成の反物を利用したアロハシャツをピックアップしてご紹介しよう!

反物こそ、元祖アロハシャツ!

前回ご紹介したことを今回もちょっと復習。アロハシャツとはそもそも、ハワイの日系人が、故郷・日本から持ってきた反物を西洋風のシャツにアレンジしたものがはじまり(一説には)。と、いうわけで、日本の伝統的な和服に使われる反物はアロハシャツにピッタリ、というか本来あるべきアロハシャツの素材なのである。
日本の反物は、世界的にも評価が高まっている美しいもの。その反物をアロハに仕立てたら、そりゃあ、素晴らしくかわいいアロハが生まれるに決まっているのである!
そんなわけで、今回は町田さんが骨董市や、反物屋で見つけて仕立てたアロハシャツをご紹介していこうと思う。

伊藤若冲のアロハシャツ

今ではすっかり人気者になった天才絵師・伊藤若冲。その作品を反物に落とし込んだものがこれ。町田さんが根津の反物屋さんでショーウインドウに飾られているのを見つけ、購入したそうだ。当時はまだ若冲人気もさほどではない中、ビビッと来ちゃうんだからさすがは町田さんだw
ちなみに、さすがにいい反物だったらしく、ン万円したそうで、町田さんはお金を下ろしに走ったんだとかwww

ちなみにこれからの時期、町田さんのお召し物の中心はアロハ。これを着てテレビに出演したこともあるそうなので、もしかしたらそのうちこの姿を地上波で見ることになるかもしれないぞ!

ちょっと危険…?戦中の着物をアロハに!

こちらは七五三の着物用生地を、アロハシャツにリメイクしたもの。戦中ということもあり、わかりやすいくらいに軍国主義的なデザインとなっている(;´Д`)
まあ、でも軍国主義とか関係なく、男の子は戦闘機とか戦車とか好きだけどね。

兵士の顔があどけないだけに闇を感じてしまうなぁ…でもこういう顔のイラスト、戦後もけっこうあった気がする。軍国はともかくどこか懐かしさを感じることも事実。
あと、このシャツにはさらに闇が深いイラストもあって……それがこちら。

大 東 亜 共 栄 圏 !( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

シルクの繊細さが伝わるアロハ…

ちょっと渋めなこちらのアロハも、町田さんが購入しアロハに仕立てたものなのだが…こちらのアロハはちょっと難ありな代物。よーく見ると裾部分の色や柄が少し異なっている。どうやら素材が古すぎてほつれてほどけてしまったらしく、その部分をあつらえなおしてもらった跡なのだとか。

だが結局、元の古さはどうにもできず、現在も肩口の部分がほつれはじめている。ホント、繊細なんだな、アロハ……っていうかシルク。

町田さん、夏の一張羅!西陣のアロハシャツ!

最後は、手持ちのアロハシャツの中でも高級なこちらのアロハシャツ。もう見るからに伝統的な和柄で、キメも細かく艶やかである。
それもそのはずで、こちらはなんと京都の西陣織のアロハシャツ。町田さんかテレビかなんかの取材で訪れたお店で購入したものらしい。つまり、既成品。
まさに一張羅と呼ぶにふさわしいアロハシャツなわけだが、ン万円もしたものだし、繊細なものだから、町田さん自身、2、3回くらいしか着たことがないらしい(;´Д`)
庶民派町田さんかわいい(*´ω`*)

---------------------------------------------------------------------
会長:お店ののぼりとか古い反物とか、そういうのがアロハシャツになっちゃうんですねぇ( ´―`)

町田:そうそう!自転車屋ののぼりだってできるんだもん!だからさ、結局なんでもいいんだよねwww

IT:確かにwwwあと、この銭湯のヤツとかでも作ってみたいねw

町田:そうなんだよ!のれんなら丈夫な生地だしね。まだ服は作ってないけど、こういうのなら作ったよ?

一同:おおーーーーーーーっ!

と、いうわけで最後にはアロハじゃないアイテムも登場したが、総じて古いものの可能性が感じられる取材となった。きっとそのうちまた、この銭湯のれんバッグのアロハシャツ版を嬉々として紹介してくれるであろう!
古いものを懐かしむだけじゃなくて、直して使うっていうのが、これからのレトロの楽しみ方の1つとしていいんじゃないだろうか?
日本人のものを大切にする気持ちも懐かしみつつ、生活に取り入れていきたいものである。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

町田忍の素晴らしき庶民文化|ゴールデン横丁