甲子園出場かけ強豪対決 興南 vs 沖縄尚学、午後1時から決勝

©株式会社沖縄タイムス社

決勝は興南-沖尚の20年ぶりの私学対決に

 20年ぶりの私学決勝実現-。20日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた高校野球の第101回全国選手権沖縄大会準決勝で、興南が美里工業を4-2で、沖縄尚学が西原を8-0の七回コールドでそれぞれ勝利し、21日の決勝進出を決めた。同大会決勝での私学対決は1999年以来20年ぶりとなる

 興南は0-1の三回1死二、三塁、3番勝連大稀が左犠飛を放って同点。4番宮城大弥が中越え適時二塁打で続き、勝ち越した。

 さらに2-1の六回にも遠矢大雅の左中間を破る2点適時二塁打で追加点。投げてはエース宮城大が強打の美里工を4安打、14奪三振で2点に抑え、3年連続21度目の決勝に進んだ。

 沖尚は初回2死三塁、與谷(よたに)友希の左前適時打を皮切りに、3連打で2点を先制した。さらに三回には奥原海斗、四回には水谷留佳が適時打を放って追加点。5-0の六回に與谷の2点適時二塁打で突き放し、西原に七回コールド勝ちで5年ぶり13度目の決勝進出を決めた。先発した比嘉大智は被安打4で零封した。

 決勝は21日、同球場で午後1時から行い、夏の甲子園出場校が決まる。