国際eスポーツ大会「WCG2019」、西安で開催

©新華社

国際eスポーツ大会「WCG2019」、西安で開催

 18日、「クロスファイア」の試合に参加した選手ら。(西安=新華社記者/李一博)

 【新華社西安7月21日】中国陝西省西安市で18日、国際的eスポーツ大会「ワールド・サイバー・ゲームズ」(WCG)2019が開催された。同大会はDOTA2、クロスファイア、王者栄耀などの6種目で競われ、決勝期間中には人気ゲームの招待試合、WCG・eスポーツフォーラム、コスプレ音楽祭などのイベントも行われる。

国際eスポーツ大会「WCG2019」、西安で開催

 18日、「ウォークラフト3」試合に参加した中国のinfiこと王詡文(おう・くぶん)選手。(西安=新華社記者/李一博)

国際eスポーツ大会「WCG2019」、西安で開催

 18日、「ウォークラフト3」の試合に参加した韓国のLawLietこと趙周衍(チョ・ジュヨン)選手。(西安=新華社記者/李一博)

国際eスポーツ大会「WCG2019」、西安で開催

 18日、「ロボット・ファイティング・チャンピオンシップ-GANKER ARENA」の試合に参加した選手。(西安=新華社記者/李一博)

国際eスポーツ大会「WCG2019」、西安で開催

 18日、「ロボット・ファイティング・チャンピオンシップ-GANKER ARENA」の試合に参加した選手。(西安=新華社記者/李一博)