【高校野球神奈川大会】横浜競り勝ちベスト16 三浦学苑に3-1

©株式会社神奈川新聞社

【横浜-三浦学苑】1回、横浜の内海が先制打を放つ

  夏の高校野球神奈川大会4回戦は21日、バッティングパレス相石スタジアムひらつかで横浜-三浦学苑が行われ、第1シードで史上3校目の4連覇を狙う横浜が3-1で競り勝ってベスト16進出を決めた。

 横浜は右腕木下幹也(2年)、左腕及川雅貴(3年)が1失点リレー。打線は初回、先頭津田啓史(2年)からの5連打で2点を先制し、七回にも鬼頭勇気(2年)の中前適時打で1点を加えた。三浦学苑は右腕渡辺倫太朗(3年)が3失点完投も及ばなかった。

 横浜の平田徹監督は「苦しい展開になることは初めから覚悟していた。投手にとって鬼門の初回に、うちの打線が2点を取ったことを評価したい」と振り返った。

 横浜は22日の5回戦(11時・サーティーフォー保土ケ谷)で第3シードの光明相模原と対戦する。