納涼祭祝い、パラグライダーさっそう飛来 京都・亀岡

©株式会社京都新聞社

「旭町納涼ふれあい祭り」の会場に降り立つパラグライダー(京都府亀岡市旭町・杉多目的広場)

 京都府亀岡市旭町の夏祭り「旭町納涼ふれあい祭り」が20日、同町の杉多目的広場であり、パラグライダーが会場に飛来して開会を祝った。

 近くの三郎ケ岳(標高約580メートル)に離陸場を持つ「バーズパラグライダースクール」の協力を受け、毎年実施している。午後4時半、同スクールの大澤行英校長(48)が「祝 旭町納涼祭」と書かれた長さ約2.5メートルの垂れ幕を掲げて会場に着陸。入場者から大きな拍手が上がった。

 旭町自治会の藤原庸右会長(70)は「インパクトのある開会でいつも盛り上がる。地元のスクールと一緒に祭りを楽しみたい」と歓迎していた。