【東海で頑張る中小企業】松山製菓 新包装設備を導入へ 粉末ジュースのOEM強化 前文

©株式会社中部経済新聞社

ロングセラーの粉末ジュース

菓子メーカーの松山製菓(本社名古屋市西区上名古屋1の2の12、伊原正則社長、電話052・532・3118)は8月をめどに、粉末ジュース用の新しい包装設備を導入する。既存設備の老朽化に対応する。新設備導入を機に、粉末ジュースの自社ブランドで新しい味の開発に着手するほか、OEM(相手先ブランドによる生産)商品の受注を強化する。