興南のエース宮城、魂の229球 3度目の聖地に挑んだ夏 夢の続きはライバルに託す

©株式会社沖縄タイムス社

沖尚-興南 8回表沖尚2死二塁、三振でピンチを切り抜け、ガッツポーズする興南の先発・宮城大弥(金城健太撮影)

 21日に沖縄セルラースタジアムであった高校野球の第101回全国選手権沖縄大会決勝で、3年連続甲子園出場を目指した興南は、延長十三回の激闘の末、沖縄尚学に競り負けた。

 延長十三回表2死満塁、興南のエース宮城大弥が投じた228球目。沖縄尚学の水谷留佳にフルカウントから投じた直球は「大事な場面で力みすぎた」と大きく外れ、痛恨の押し出し四球となった。3時間49分に及んだ熱戦の結末は、あまりにも非情だった。

 3度目の聖地に挑んだ夏。目標には届かなかったが、やり切った充実感がある。だから涙は出なかった。内角を攻めた配球を捉えられて4失点した初回以降は、しっかり修正した。外角攻めに切り替え、二回から延長十一回までの10回を被安打1に抑え、14個の三振を奪った。

 走者を出せば自信のある直球で後続を三振に仕留め、渾身(こんしん)のガッツポーズ。延長に入ってからも球威は衰えず、十、十一回には今大会最速の147キロを記録した。球数が200球を超えても「味方も自分に投げてほしいと思っているはず。最後まで投げます」と、マウンドは譲らなかった。

 1年生の夏で沖縄大会優勝投手となってから、けがもスランプも経験した2年間だった。3連覇を成し遂げられなかった悔しさはもちろんあるが「沖尚には県代表として頑張ってほしい」とも思う。夢の続きをライバルに託し、最後の夏が終わった。(我喜屋あかね)