投票用紙交付ミスか 平戸市選管 比例2枚渡した疑い

©株式会社長崎新聞社

 平戸市選管は21日、20日の参院選期日前投票所で、有権者1人に対し、誤って選挙区の投票用紙を交付せず、比例代表の投票用紙を2枚渡した疑いがあることを明らかにした。
 市選管によると、市内の期日前投票所1カ所で、有権者の1人を選挙区の投票を終えたと思い込み、2回続けて比例代表の投票用紙を渡したとみられるという。
 投票用紙の残数が合わないことに職員が気付き、現場の投票管理者に報告。市選管が確認したところ、選挙区の投票用紙が比例代表より2枚多かった。