【高校野球への想い その13】

©千葉テレビ放送株式会社

【高校野球への想い その13】

 高校野球を支え、応援する皆様から寄せられた「高校野球への想い」。いよいよベスト4が出そろいました。それではどうぞ!

「12年前、きーちゃん野球部いっちゃんサッカー部とボールを追いかけていた双子は保育園を卒園していきました。12年後双子は兄弟揃ってマリンスタジアムに立っていました。選手になったら応援に行かせてね。という約束を守るためにやってきました。0歳からの成長を思うと感無量です。まさに、野球が好きなキミが好き!と言えます。本当によく頑張りましたね。成長したふたりの姿は、先生への最高のプレゼントです。ありがとうございました。」(「トミ先生」さん)

「私を甲子園に連れて行って~」(「かなめ」さん)

「習志野高校野球部、4強進出、おめでとうございます。ここから更に、気を引き締めて、頑張って欲しい。疲れも緊張もあると思いますが、悔いの無い試合を見守って行きます。頑張れ。習高。」(「習志野高校28回生OB」)

「八千代東に娘が通う在校生ママです。強豪八千代松蔭との戦い!私は仕事でしたので、現地へ娘と主人が応援に足を運びました。仕事しながらモキモキしておったのは言うまでもありません。結果は残念でしたが、内容は悪いものではなかったので「八千東、よく頑張った!」と私は部員にエールを送りたいし、誇りに思えました。みんなお疲れ様、感動ありがとう!」(「ひとみん」さん)

「木更津総合高校頑張って!選手ベンチ記録いんさん。皆頑張って下さい!けいたくん応援してるよ~」(「正木岡」さん)

「習志野高校!春夏連続で甲子園だー!!!」(「カイ」さん)

「木更津市民として、地元の高校が勝ち進み頑張っている姿を見て元気をもらっています。一戦必勝で千葉代表までいっちゃって!応援しています。」(「さまこ」さん)

「八千代松陰高校、2度目の甲子園が見えてきたぞ!この勢いで千葉大会制覇だ」(「野球部OB」さん)

「私は県外出身です。当時地元は全国区でも強い地域でしたが、予選は応援団チアは存在せず、観客は少数の父兄と野球好きなおじさん。球場は閑古鳥が鳴いている状態。これが普通でした。仕事を通じて千葉県予選を知り、驚愕しました。1回戦から応援チアが付く、TV中継がある。終業式日が統一され日程配慮されている。番組で夕方の速報と夜のダイジェストがある。プロ使用の球場が使えること…特に応援が一体となる姿、文化に魅了され、今では仕事と離れても私的に観にいくようになりました。こんな環境の中で試合できる選手は幸せです。試合後負けた父兄関係者が球場裏で選手を待つ姿、思いを下の世代に伝える言葉… 3年間のサポートが凝縮された光景に涙しました。こんな素晴らしい中でやれる選手達がうらやましいです。選手の皆さんはどうか終わった後、両親、関係者へ感謝の気持ちを伝えてほしいと思っています。一度しかない高校生活。素晴らしい青春の1ページとなりますよう…」(「まんちゃん」さん)

 23日は試合がなく、24日の準決勝、そして25日の決勝戦を残すのみ。夏の高校野球千葉大会が終われば、梅雨明け、本格的な夏の到来…

 引き続き皆さんからのメッセージお待ちしています!

 応募はこちらからhttps://www.chiba-tv.com/plus/detail/20190723488