相葉雅紀主演「24時間テレビ」ドラマ「絆のペダル」で田中圭がライバル役!

©株式会社東京ニュース通信社

8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」(時間未定)のドラマスペシャル「絆のペダル」に薬師丸ひろ子、波瑠、田中圭が出演することが決まった。ドラマは番組メインパーソナリティーを務める嵐の相葉雅紀の主演で、実在する自転車ロードレーサー・宮澤崇史さんとその母・純子さんの絆を描くもので、母・純子役を薬師丸、崇史が所属する実業団チームのマネジャー・椎名優希役を波瑠、崇史の生涯のライバル・新谷圭吾役を田中が演じる。優希と圭吾はドラマオリジナルキャラクターとなる。

ドラマは、母の純子と二人三脚でプロの自転車ロードレーサーになった崇史だが、肝臓の病で純子が倒れてしまう。命を救うために生体肝移植を決心するが、純子は選手生命が絶たれてしまうことを恐れて手術を拒否。それでも崇史は「絶対に日本一になる」と約束し、奇跡を起こすストーリー。

純子役の薬師丸は「本当にあったとは思えない奇跡の実話で、セリフ一つ言うにしても『真実を伝えていく』、そんな役割のような気がしています。相葉さんは、リハーサルの段階から深く作品に入ってらっしゃるのを感じました。一度、絶望の淵に落とされたところから再起し復活していく生きざまに、みんなが力を与えてもらえる作品になるんじゃないかなと思っています」と見どころを訴えている。

また、優希役の波瑠は「24時間テレビのドラマは何度も拝見しているので、この度は出演させていただけて光栄です。実在する方の物語はとても説得力があり力強いメッセージが込められていて、脚本を読んだ時にとても印象的でした。夏の終わりに皆さんがこのドラマを見て、勇気付けられることを願っています」と意気込みを明かすと、圭吾役の田中も「脚本も素晴らしかったですし、24時間テレビにふさわしいお話だなと感じて、自分も勇気をもらいました。相葉さんとは初めてお芝居で共演させていただくのですが、宮澤さん役にぴったりだと思います。ラストの方、2人の掛け合いのシーンがあるのですが、そこの撮影が楽しみです」と相葉とのラストの見せ場があることをアピールしている。