京都・伊藤久右衛門の新店舗、「祇園四条店」が8月にオープン

©株式会社オンエア

江戸後期創業、京都・伊藤久右衛門が、国内5店舗目となる「祇園四条店」を新規オープンします。今回オープンする、祇園四条店は、宇治本店・JR宇治駅前店飲みに併設されていた茶房を、宇治以外で初めて併設する複合店舗。宇治の茶房でも人気のメニューが楽しめます!

京都・伊藤久右衛門とは?

伊藤久右衛門は、世界遺産を2つ有する京都・宇治に本店を構える天保3年(1832年)創業のお茶屋さんです。

初代伊藤常右衛門・瀧蔵が田原村 名村(現宇治田原南)にて茶業を営んだのが始まりです。その後、2代目3代目と代々茶づくりを継承。昭和27年、5代目伊藤久三が宇治田原から宇治の地へと移り、宇治蓮華(現平等院表参道)にて、宇治茶販売のお店を構えました。現在も創業地、宇治田原では伊藤家に代々受け継がれる茶園にて、茶づくりを続けています。

今回オープンする、祇園四条店をチェック

祇園四条店は、宇治本店・JR宇治駅前店のみに併設されていた茶房を、宇治以外で初めて併設する複合店舗です。宇治の茶房で人気の、「抹茶パフェ」に加え、「季節パフェ」や「抹茶そば」など、スイーツからランチメニューまで楽しめます。新店舗は、京阪電鉄 祇園四条駅から徒歩1分、阪急電鉄 河原町駅から徒歩約4分の駅近好立地で、3階建の店舗は、1階がお土産コーナー、2階と3階が茶房。

京都有数の観光地である祇園四条で宇治茶の魅力を味わえてしまう、今回の新店舗。お茶どころならではの「お茶のじかん」を、ぜひ味わってみてください。

伊藤久右衛門 祇園四条店

所在地 : 京都市東山区四条通大和大路東入祇園町南側586 井澤南ビル

アクセス: 京阪電鉄 祇園四条駅[6番出口]より徒歩1分

阪急電鉄 河原町駅[1番出口]より徒歩約4分

URL : https://www.itohkyuemon.co.jp/site/gionshijo/

オープン: 2019年8月7日(水)

[@Press]