参院選から一夜 当選者は...

©テレビ北海道

参院選から一夜明けました。北海道選挙区の当選者3人はそれぞれ喜びをかみしめ、国政の場での活躍に意欲を見せています。

改選数3の北海道選挙区では、自民党の高橋はるみさんと岩本剛人さん、立憲民主党の勝部賢志さんが初当選しました。

知事を16年務めた高橋さん。抜群の知名度でトップ当選しました。山積する北海道の課題を国政の場で解決する構えです。

「やらなければならないことが山ほどある。自分の頭の中を整理し優先順位を付けて仕事をしていく」(自民・高橋さん)

3議席目を巡る激しい選挙戦を制し、悲願の国政進出を果たした岩本さんは...「激しく厳しい選挙だった。責任をしっかり受け止めて頑張っていかなければ」(自民・岩本さん)

野党の一議席を守った勝部さん。選挙戦を終えて、久しぶりに家族の時間を持てたといいます。
「しっかり頑張らなければならないと改めて覚悟している。当選した朝というのは格別なものがある」(立憲・勝部さん)

日本維新の会から比例代表で立候補した鈴木宗男さんも当選しました。鈴木さんの国政復帰は9年ぶりです。
「昭和、平成、令和と3代にわたって国会議員として活動できることに感謝したい」(維新・鈴木さん)。
当選者は、来月にも国会に初登院します。