年金、働く場…県民願い切実 参院選みやざき

©株式会社宮崎日日新聞社

家族連れで投票する有権者=21日午前、宮崎市・西池小

 「安心して生活できる年金制度をつくって」「若者が希望を持ち働ける環境を」―。参院選の投開票を受けて22日、県内の有権者は新たな議員に、生活に密着したさまざまな課題の解決を託した。米国農産物の関税引き下げ交渉や憲法改正など選挙後に動きが本格化するとみられる問題に対しては、「農業を守ってほしい」「慎重に議論を進めて」と注文する声も聞かれた。