<参院選>宮城県内比例得票 自民、全市区町村トップ

©株式会社河北新報社

 21日投開票の参院選比例代表で、宮城県内の党派別得票数は、自民党が37万9759票と前回(2016年)に続いて全39市区町村でトップだった。立憲民主党は17万767票で2番目に多かった。公明党と共産党は前回より票を減らした。

 党派別の県内得票数と得票率は表の通り。自民は前回から2万票余り上積みした。得票率は2.93ポイント増の39.61%だった。

 個人名では、改選数が2から1に減った宮城選挙区から比例に回った現職和田政宗氏(44)が県内で2番目に多い3万5190票を集めて再選。現職佐藤正久氏(58)は4462票で、3選を果たした。

 立民は全体の8割に達する32市区町で自民に次ぐ票を獲得。国民民主党と合わせた得票数は25万7248票で、両党分裂前の旧民進党が前回集めた票から約8000票増やした。

 公明は10万6035票で、前回から2万5000票余り減らした。個人名では若松謙維氏(63)が県内1位の5万9258票で再選した。

 共産は前回比約2万2000票減の7万5669票だった。元仙台市議の新人舩山由美氏(51)は個人名で1674票を集めたものの、議席に届かなかった。

比例代表 県内の候補者名票ランキング(上位50人)

 ▽党派の略称 自=自民党、公=公明党、立=立憲民主党、国=国民民主党、共=共産党、維=日本維新の会、社=社民党、N=NHKから国民を守る党、れ=れいわ新選組

(1) 当 59,258 若松 謙維 公現(2) (2) 当 35,190 和田 政宗 自現(2) (3)   19,859 山本 太郎 れ現  (4) 当 12,065 佐藤 信秋 自現(3) (5) 当 10,312 浜野 喜史 国現(2) (6) 当 10,208 柘植 芳文 自現(2) (7) 当 10,092 山田 太郎 自元(2) (8) 当  6,363 田村 麻美 国新(1) (9) 当  6,339 有村 治子 自現(4) (10) 当  4,462 佐藤 正久 自現(3) (11)    4,000 石上 俊雄 国現  (12) 当  3,891 宮崎 雅夫 自新(1) (13) 当  3,882 吉川 沙織 立現(3) (14) 当  3,858 橋本 聖子 自現(5) (15) 当  3,576 礒崎 哲史 国現(2) (16) 当  3,447 立花 孝志 N新(1) (17) 当  3,237 鈴木 宗男 維新(1) (18) 当  3,131 羽生田 俊 自現(2) (19) 当  3,112 赤池 誠章 自現(2) (20) 当  3,036 山田 俊男 自現(3) (21) 当  2,886 石田 昌宏 自現(2) (22) 当  2,723 小沢 雅仁 立新(1) (23) 当  2,713 吉田 忠智 社元(2) (24) 当  2,593 宮本 周司 自現(2) (25) 当  2,585 山東 昭子 自現(8) (26) 当  2,509 衛藤 晟一 自現(3) (27) 当  2,496 小池  晃 共現(4) (28) 当  2,184 本田 顕子 自新(1) (29)    1,926 小川 真史 自新  (30)    1,897 比嘉奈津美 自新  (31) 当  1,860 北村 経夫 自現(2) (32) 当  1,832 石川 大我 立新(1) (33) 当  1,694 紙  智子 共現(4) (34)    1,674 舩山 由美 共新  (35)    1,641 井上 義行 自元  (36)    1,636 田中 久弥 国新  (37) 当  1,573 須藤 元気 立新(1) (38) 当  1,523 川田 龍平 立現(3) (39)    1,521 角田 充由 自新  (40)    1,513 大島九州男 国現  (41)    1,345 尾立 源幸 自元  (42)    1,311 中田  宏 自新  (43)    1,297 市井紗耶香 立新  (44) 当  1,186 森屋  隆 立新(1) (45)    1,095 木村 義雄 自現  (46)    1,084 田中 昌史 自新  (47)    1,029 山下 容子 国新  (48)      954 丸山 和也 自現  (49)      860 奥村 政佳 立新  (50)      789 山本 左近 自新