〝干され女優〟のん「オファーつぶされた!」マネジメント会社が衝撃告白

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

のん

(C)まいじつ

先ごろ、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、元『SMAP』メンバーの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾にテレビ出演をさせないよう圧力をかけて注意を受けた件が波紋を広げている。

7月18日に女優・のんのマネジメントを手掛ける会社『スピーディ』が、公式サイトでこんな声明を発表した。

《この間、テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、脚本などオファーをいただきました。しかし、お話が進むうちに、上司や担当役員によって突然つぶされてしまうことが繰り返されてきました。その状態が3年も続いております。〝のん〟は、メジャー週刊誌などが実施する人気調査で、いまもトップ1、2を争う国民的人気女優です。ですから、先進的な企業様やアジアからも、CMの依頼が多くあり広告には出ることができています。》

何とテレビ局からオファーを受けても、上層部につぶされてしまうという告白だ。その後には、

《彼女は女優です。現場からの熱烈なオファーもある、のんが3年間テレビ局で1つのドラマにも出演がかなわないことは、あまりにも異常ではないでしょうか?》

などと、現在の状況は〝異常〟だと訴え、さらに、

《エンターテインメント産業も、1つの立派な産業であるならば、このような古い体質を変えていかなければなりません。》

と、テレビ局の体質改善を訴えた。

 

本名を使わせてもらえない

この声明が『J-CASTニュース』で記事になると、ネットからは、

《これは本当に問題だと思う。育てるまでに費やした投資が云々という話もあるが、それは本来金銭で解決すべきこと。圧力をかけてメディアの露出をなくすなんて陰湿なやり方は改めるべき》
《赤西仁も言ってたね。忖度し過ぎだと》
《本名なのに「能年玲奈」が使わせてもらえないっておかしいよね  本名だよ?!》
《のんの件はジャニーズよりも吉本興業よりも闇が深い。注意などでお茶を濁してはならない》

など、多くのコメントが匿名掲示板やヤフーニュースのコメント欄に投稿された。

事務所から独立して干されたといえば、アラフォー世代なら思いつくのが鈴木亜美だろう。テレビ東京系バラエティー『ASAYAN』のオーディションで優勝し、小室哲哉プロデュースでデビューすると瞬く間に大人気歌手へと登り詰めたが、所属事務所の社長が脱税で逮捕されたのを機に独立を画策。裁判沙汰にまでなった。鈴木は当時のことを「裁判費用がかかるから、どっかで稼がなきゃと思って、写真集を製作して、1年間その印税で取りあえず裁判費用に充てて、その次の年また(裁判費用が)ありません、じゃまた出版物」と、写真集の印税を裁判費用に充てていたと告白。裁判中は「テレビつければ干されて悪口言われてるし、外に出ればカメラマンについて来られるし。草むらとかに隠れてずっと(カメラを)構えてるんですよ。そういうのを見つけちゃって。ドアを壊されちゃったりとか」と、散々な目に遭ったという。

今回、公取が注意をしたことで、少しはこうした圧力や〝忖度〟がなくなることを望みたい。