五島の投票所で男性投票できず 市選管、受け付けミス

©株式会社長崎新聞社

 五島市選管は22日、同市の参院選投票所で有権者の受け付け業務にミスがあり、市内の60代男性が投票できなかったと発表した。市選管は同日、本人に謝罪した。
 市選管によると、投票日の21日午後4時50分ごろ、男性が投票所を訪れると、係員の手元の選挙人名簿には男性が投票済みだと示すチェックが付いていた。男性は投票していなかったが、職員らが確認に手間取っている間に投票せず帰宅した。約50分後に原因が発覚。男性より先に別の有権者が投票した際、係員が名簿の当該男性の欄に誤ってチェックを付けたという。
 午後5時50分ごろ、投票のため来場した男性の妻に、男性が投票できることを職員らが伝えたが、投票所を閉鎖する午後6時までに男性には伝わらなかった。市選管は「二度と起きてはならないミス。投票に従事する人への説明会を徹底し、(名簿をチェックする担当者間の)声の掛け合いを厳密にして防ぎたい」としている。