捕虜と兵士をラグビーが結ぶ。実話を基にしたラグビー小説『栄光へのノーサイド』に舘ひろし氏が推薦コメント!

©有限会社ルーフトップ

増田久雄『栄光へのノーサイド』が2019年7月23日に発売となった。

『栄光へのノーサイド』は、 1930年代のオーストラリアに実在した日系2世のラグビー選手、 ブロウ・イデを主人公に書かれた小説です。 第二次世界大戦ではオーストラリア兵として出兵し、 日本軍の捕虜となった実話を基にしている。 ブロウが人種差別に負けずにラグビーに打ち込んだ青春、 英国遠征チームに選ばれるも叶わなかった夢、 戦争によって起こった悲劇、 その中で貫いた正義、 ラグビーを通して結ばれた日本軍との友情…描かれる様々な場面に涙をこらえられない、 感動のラグビー小説。

映画プロデューサー・増田久雄氏による描き下ろし小説に、 俳優の舘ひろし氏も絶賛のコメントを寄せている。9月日本開催のラグビーワールドカップへ向けて期待が高まるなか、 本書にも発売前から注目が集まっており、 初版部数の増数も急遽決定。 ラグビーへの愛と平和への祈りがこめられた物語『栄光へのノーサイド』と著者・増田久雄氏に注目だ。

舘ひろし コメント

一編の映画を見たときのような心に包まれました。

ラグビーは魂のスポーツだと教えてくれる一冊。