五輪聖火台「太陽」イメージ

球体、水素燃料活用も

©一般社団法人共同通信社

2016年8月のリオデジャネイロ五輪の開会式で点火された聖火台。聖火台は太陽をイメージ(共同)

 1年後の7月24日に新国立競技場で行われる東京五輪の開会式で点火される聖火台のデザインは、「太陽」をコンセプトに、球体とする方向で大会組織委員会などが検討を進めていることが24日、分かった。次世代エネルギーの活用を世界にPRする狙いで、燃料に水素を使う案も出ている。

 関係者によると、現段階の計画では、球体が回転しながら開き、点火された内部の聖火が現れるイメージだという。プロパンガスに代わって水素で燃やす炎を、五輪マークの青、黄、黒、緑、赤に着色する技術も検討が進んでいる。水素は燃焼時に水しか出ず、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素が発生しない。

2012年ロンドン五輪の聖火台(共同)