「FNSうたの夏まつり」Hey! Say! JUMP&乃木坂46がディズニーの仲間とコラボ!!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で7月24日に放送する「FNSうたの夏まつり」(午後7:00)では、東京ディズニーリゾートからミッキーマウスとディズニーの仲間たちが登場し、Hey! Say! JUMPや乃木坂46とスペシャルパフォーマンスを披露する。

同番組は常に最前線を走り続けてきたトップアーティスト、話題のアイドルグループ、そして貴重なレジェンドまで日本の音楽界を支えるスターが大集結する夏恒例の音楽特番。司会は森高千里、渡部建、加藤綾子が務める。ディズニーの仲間たちとコラボするHey! Say! JUMPは、世界各地のディズニーパークにあるアトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」のテーマソング「小さな世界」をパフォーマンス。さらに楽曲中には、メンバーそれぞれがディズニーの仲間たちとのスペシャルパフォーマンスに挑戦する。

乃木坂46は、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、堀未央奈、山下美月、高山一実、久保史緒里、新内眞衣のメンバー8人が参加。10月より東京ディズニーランドでスタートするキッズダンス「ジャンボリミッキー!」をパフォーマンス。ディズニーの仲間たちと乃木坂46は子どもたちと一緒に元気よく歌い踊り、ミッキーたちもキレのあるダンスを披露。地上波初披露となる「ジャンボリミッキー」は必見だ。

さらに、ディズニー映画メドレーでは、現在大ヒット上映中の実写版映画「アラジン」のプレミアム吹替版を担当する中村倫也&木下晴香が登場し、魔法のじゅうたんに乗って「ホール・ニュー・ワールド」を熱唱する。また、宝塚歌劇団雪組トップスター・望海風斗は、「星に願いを」(「ピノキオ」)を、同じく雪組トップ娘役の真彩希帆は新妻聖子と「輝く未来」(「塔の上のラプンツェル」)をデュエット。そのほか、宝塚歌劇団雪組で「美女と野獣」「ピノキオ」「塔の上のラプンツェル」のテーマソング・劇中歌を披露する。

そして、放送日の7月24日が東京2020オリンピックまでちょうど1年ということを記念した、「トップアスリートの背中を押した名曲」企画に武豊、澤穂希、吉田沙保里、髙橋大輔、松本薫、福原愛、大迫勇也、井上尚弥といった、日本を代表するトップアスリートたちが登場。厳しい戦いの中で彼らの背中を押した名曲をエピソードと共に紹介する。