IOC会長が体験イベントに参加

東京五輪開幕まで1年

©一般社団法人共同通信社

フェンシングの競技体験イベントに参加したIOCのバッハ会長(右)=24日午前、東京国際フォーラム(代表撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は東京五輪開幕まで1年となった24日、東京国際フォーラムで行われた関連行事に出席し、自身が1976年モントリオール五輪で金メダルを獲得したフェンシングの競技体験イベントに参加した。

 バッハ会長は少年と対戦して素早い動きから1ポイントを挙げると、笑顔でガッツポーズ。バッジをプレゼントして激励する一幕もあった。

 大会組織委員会の森喜朗会長と共に開閉会式の制作チームのメンバーと懇談し「このチームの一員となることは一生に一度のチャンス。世界の何十億の人が視聴する。日本の才能の豊かさを見せてほしい」と激励した。