ルイ・ヴィトン専属に! 三菱ふそう、電気小型トラック「eキャンター」を東京納品代行へ納入

©株式会社MOTA

三菱ふそう 電気小型トラック「eキャンター」 東京納品代行へ納入

電気小型トラック「eキャンター」を東京納品代行へ納入

三菱ふそうは、2019年7月23日に電気小型トラック「eキャンター」2台を東京納品代行へ納車したことを発表した。

日本初! 「ハンガー車仕様」の電気トラック

総合物流企業であるセンコーグループのグループ会社としてファッション物流事業を担う東京納品代行へ納車された「eキャンター」は、ハンガー車(衣料品専用車)仕様。ハンガーに掛かっている洋服をそのまま積載することで、段ボール梱包による衣類などのシワを防ぐことが出来る。

ハンガー車仕様の電気トラックは、電気小型トラック「eキャンター」が日本で初めてとなり、ルイ・ヴィトン ジャパン専属として同社商品を東京都内の店舗へ運搬する。またセンコーグループにとっても、電気トラックの運用は今回が初となる。

「グリーン物流」の推進

センコーグループでは「グリーン物流」の推進を行っており、東京納品代行もグループの一員としてCO2削減を目的とした天然ガス(CNG)車、ハイブリッド車、クリーンディーゼル車を積極的に導入し、トラック輸送から鉄道輸送への切り替えによる「モーダルシフト」の取り組みなど環境負荷の軽減を展開している。東京納品代行は、ラグジュアリーブランドのルイ・ヴィトン ジャパンの協力を得て日本国内一部地域で電気トラックでの配送に切り替えた。これはルイ・ヴィトン ジャパンの本拠地である欧州における環境への関心は非常に高く、環境へ配慮した物流網構築が世界規模で求められている背景がある。

ルイ・ヴィトン ジャパンと東京納品代行は2014年にCO2ゼロの電気自動車(小型貨物車両)を日本国内での先駆けとして導入している。今回、三菱ふそうの技術的な進化とサポートを通じ、7.5トントラックタイプ車両の小型電気トラック「eキャンター」を導入した。

東京納品代行 代表取締役社長:伊藤裕之氏のコメント

我々、物流業者は公道を利用して商売を営んでおります。併せて、地球環境を考える中で、少しでもエコ活動を実践したいと思っておりました。その中で、今回ご提案いただきました電気トラックは、ルイ・ヴィトン ジャパン様からも非常に評価が高く、今後弊社のステイタスシンボルとして推進していきます。弊社は今後も、荷主企業様と一体となり地球環境の未来を見据え「グリーン物流」を積極的に推し進めてまいります。