東京五輪メダル形状は「光の渦」

開幕1年前イベントで披露

©一般社団法人共同通信社

2020年東京五輪の(左から)銀、金、銅の各メダル。表(上)にはギリシャ神話の勝利の女神ニケが描かれ、裏は立体的にうずが巻いているような形状をしている

 2020年東京五輪の開幕まで1年となった24日、大会組織委員会と東京都は都内で記念式典を開き、五輪のメダルを披露した。各大会でデザインが異なる裏側は五輪マークと大会エンブレムの周りを立体的に渦が巻いており、光が当たると反射でどの角度からも輝いて見える。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は大会への参加を世界中のアスリートに呼び掛けた。

 メダルの重さは金が約556グラム、銀が550グラムで、いずれも夏の大会では最も重くなる。大阪市のデザイナー川西純市さん(51)の作品。デザインは金、銀、銅とも同じ。