LINE、純損失が266億円

中間決算、決済競争激化で

©一般社団法人共同通信社

 LINE(ライン)が24日発表した2019年6月中間連結決算は、純損益が266億円(前年同期は29億円の黒字)の赤字だった。スマートフォン決済の競争が激化し、利用者獲得のための販売促進費が跳ね上がったのが主因。広告事業は引き続き好調で、売上高は前年同期比11.5%増の1107億円だった。

 スマホ決済事業でペイペイなどが仕掛けた巨額の還元キャンペーンに対抗したため、販売促進費が前年同期より120億円ほど膨らんだ。人工知能(AI)事業で人材強化などの先行投資を拡大したことも響いたが、今後も広告事業で稼ぎつつ、金融やAIなど戦略事業への投資を続ける方針だ。