コブクロを友好大使に任命、大阪

府と市、上海と交流促進

©一般社団法人共同通信社

大阪と中国・上海の友好交流大使の任命式で、委嘱状を受け取るコブクロの小渕健太郎さん(中央)と黒田俊介さん(右)=24日午後、大阪府庁

 大阪府と大阪市は24日、男性デュオ「コブクロ」を大阪と中国・上海の友好交流大使に任命し、府庁で委嘱状を交付した。吉村洋文知事は「歌を通じて人と人との交流を盛り上げていただきたい」と話した。

 ボーカル兼ギターの小渕健太郎さんは、自分たちの曲で日本語を覚えたという上海の若者と話したエピソードを紹介し「(大使任命は)心からうれしく思う。上海では、日本の文化をたくさんの方々が愛してくださっている」と喜んだ。ボーカルの黒田俊介さんは「次の上海でのライブが楽しみ。頑張ります」と意気込んだ。

 上海と大阪府は1980年から、大阪市は74年から友好交流を実施している。