なにわ男子「僕たちとひと夏の思い出を!」日本一の観覧車アンバサダーに!

©株式会社東京ニュース通信社

この夏、開業3年を迎えた大阪・エキスポシティの大観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL」。これを記念して、なにわ男子がアンバサダーに就任、現在「なにわ男子 Lucky! SUMMER! in Redhorse OSAKA WHEEL」と題したイベントを開催中だ。7月18日にはアンバサダー就任発表会見が行われ、「Redhorse OSAKA WHEEL」のPRやアンバサダー就任の意気込みを語った。

9月23日までの期間限定で開催する「なにわ男子 Lucky! SUMMER! in Redhorse OSAKA WHEEL」。期間中は観覧車のゴンドラをなにわ男子仕様に変更。ステッカーで装飾するほか、ゴンドラからの眺望をメンバーが解説する「なにわ音声ガイド」を実施する。そのほか、乗車時間の約18分間で挑むチャレンジイベント「なにわラッキーチャレンジ」や、なにわ男子のメンバーカラーに彩られた缶バッジ付きドリンクも販売される。また、観覧車のエントランスには、なにわ男子の等身大フォトやウェルカム動画も放映される。

「僕たちもアイドルとして日本一を目指しているので、日本一の観覧車のアンバサダーをさせていただけるのは光栄なこと。僕たちとひと夏の思い出を作れたら!」と改めて意気込む西畑大吾。藤原丈一郎が「皆さんで日本一の来場者数を目指しましょう!」と気合を入れると、長尾謙杜も「ショッピングの帰りとか、何回も乗ってください!」と訴えた。「レッドホース オオサカホイールは老若男女、楽しめます! 一緒に盛り上げましょう」という道枝駿佑に続き、大西流星は「2025年の大阪万博に向けて、日本に遊びに来られる外国人の方にもっと大阪の良さを伝えたい。大阪に来たからにはレッドホース オオサカホイールに行こうと思われるくらい大きいものにしたいと」と展望も語った。

高橋恭平は「ラッキーサマーなので、ラッキーになってもらいたい。応援、よろし×&%@#$!」とかみまくるも、メンバーから「前のめりの気持ちがいい!」と高評価を得た。最後は「よ! リーダー!」との声援を受けて大橋和也がコメント。「みんなのお言葉をまとめますと、いろんな方々が来日すると思うので……」と話し始め、メンバーの頭上に浮かぶはてなマーク。同時にステージの照明が暗くなるというアクシデントも重なり、神がかった状況に大爆笑。“持っている”大橋、改めて「日本にも世界にもなにわ男子の名前を広めたいと思っているので、レッドホース オオサカホイールとなにわ男子を世界に届けられるよう頑張ります!」と元気いっぱいにアピールした。

撮影/吉岡隆 文/岩本和子