広島・緒方監督「ジョンソンと石原に尽きる」1安打完封のバッテリーを称賛

©株式会社Creative2

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

西川の先頭打者弾などで5連勝、借金完済まであと1勝に

■広島 2-0 中日(24日・マツダスタジアム)

 広島は24日、マツダスタジアムで行われた中日戦に2-0で勝利した。先発のジョンソンが1安打に封じる完璧な投球で、3年ぶりの完投となる完封勝利で7勝目。初回に西川の先頭打者本塁打などで挙げた2点を守り切った。緒方監督は「ジョンソンのピッチングと石原のリード。これに尽きるね」と、バッテリーを称賛した。

 唯一のピンチは6回、サード安部の連続失策で迎えたピンチも、冷静な投球で中日に得点を与えなかった。緒方監督は「追加点が取れなくて、嫌な展開になったところで、さすがの投球。ナイスゲームです」と、左腕エースに脱帽した。

 打線では1番の西川の先頭打者本塁打で、プロ初先発の山本から先取点を奪った。指揮官は「ホームランは望んでいないが、得点源になってくれて、打線としては助かっている」と後半戦に入り、1番で機能している西川を褒め「もっと出塁率が上がれば、相手にとっては嫌なバッターになる。状態が戻れば、また中軸を打ってもらうことになると思う」と、さらなるレベルアップを期待した。

 首位・巨人相手の3連勝から中日にも連勝して5連勝。11連敗のどん底から抜け出したチームは、5割復帰まであと1勝となった。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)