ホンダF1田辺TD「イギリスでのペースが自信に。パワーが重要なホッケンハイムでも好結果を目指す」

©株式会社サンズ

 2019年第11戦ドイツGPに向け、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏は、パワーが重要なホッケンハイムで前向きな流れを維持したいと語った。

 前戦イギリスGPでは、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車の4台中3台がポイントを獲得した。マックス・フェルスタッペンはセバスチャン・ベッテルに追突された影響で5位フィニッシュという結果に終わったが、ピエール・ガスリーは今季最高位の4位を獲得。トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンにはレース中にパワーユニットの高圧電力系に問題が発生、ポイント獲得を果たせなかったものの、ダニール・クビアトが後方スタートから9位入賞を果たした。

イギリスGPで9位に入賞したクビアト

 2戦連続の表彰台は達成できなかったが、シルバーストンでいいレースペースを発揮できたことは、類似した部分のあるホッケンハイムに向けて心強いと、田辺テクニカルディレクターは感じている。

「ホンダのF1ファクトリーのひとつ、HRD-UKがあるイギリスでのレースを終え、8月中旬のF1夏休み前ラストとなるドイツとハンガリーの2連戦に向かいます」

「F1カレンダーの中でも長い歴史を持つホッケンハイム・リンクは、コースの前半に配されているストレートによって、パワーサーキットとしてよく知られています。PUのパワーが重要で全開率が高いという点では、先日のシルバーストン・サーキットと似た部分があります。そのイギリスGPでは、いいレースペースを見せることができました。今回も予選・レースに向けて確実にセッティングを進め、いい結果を得られればと考えています」