大島優子〝等身大〟の近影に辛辣な声…「40歳?」「おばさんに見える」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

大島優子

(C)まいじつ

7月22日に更新された『Smart FLASH』に、元『AKB48』で卒業後は女優として活躍する大島優子のインタビュー記事が掲載された。今年30歳を迎えた大島だが、その近影にネット上では「老けてるなぁ」「40代といわれても妥当な見た目」などと、老けっぷりに驚く声が続出している。

今回、大島は撮影自体が久しぶりだったようで、楽しんで撮影に挑めたようだ。また、30歳を迎えて心境の変化を問われると、「とても楽になりました」と意外な回答。その理由として、20代のときは「まだ頑張らないと!」と気を張っていたが、30歳になると「もう頑張らなくていいかも」、と感じ始めたという。

理想の30歳になれているという大島。来季放送される朝ドラ『スカーレット』の撮影をしているが、今後の〝女優〟展望について《『大島優子が出ている作品なら見てみよう』と思ってもらえる存在でありたい》と意気込んだ。

記事に添付された写真では、大島は髪をルーズにアップにし、ゆったりとしたシルエットの赤いドレスを着用、裸足でジャンプしている。愛嬌たっぷりの〝えくぼ〟が健在で、ファンからは称賛のコメントが多く上がった。

 

全ての演出が裏目に出る

しかし、ネット掲示板では、

《40代といわれても妥当な見た目》
《老けてるなぁ すごいおばさんに見える》
《老け顔だなあ~~  40になりました、じゃないの?》

などと、大島の容姿に対して辛らつな声が続出。

「〝等身大感〟を演出するために、ナチュラルメークで裸足という姿にしたのでしょうが、かえって老けて見えてしまっています。髪をルーズにしたことも逆効果。何とも〝疲労感〟漂う1枚となってしまっています」(ファッション誌編集者)

また、着用している赤いドレスがジャンプによって〝たるんでいる〟ためか、

《箸で牛肉持ってしゃぶしゃぶするところに見えない?》
《赤いドレスが1枚肉に見える》
《牛しゃぶかと思った》

などと、しゃぶしゃぶの牛肉を箸でつまんでいるように〝空目〟してしまった人も相次いだ。

女優として幅を広げるために、40歳代の女性の役もトライしてみてもいいかもしれない。