市街地近くでクマ・尾花沢

本紙記者が遭遇

©株式会社山形新聞社

住宅地近くの水田を走るクマ。この後、駆除された=24日午前10時半、尾花沢市尾花沢

 24日午前6時40分ごろ、市街地に近い尾花沢市尾花沢でクマ1頭が目撃された。前日夕にも近くの尾花沢小西側で目撃があり、市が「市街地出没事案」として24日午前から追い払いを開始した直後、参加者の前にクマが現れ、尾花沢猟友会が駆除した。

 同日午前10時半ごろ、猟友会メンバーや尾花沢署員が追い払いのために目撃現場近くに集まっていた。突然、「クマがいたぞっ」と大きな声が響いた。記者が市街地西側に広がる田んぼに目を向けると、400メートルほど先で、国道13号に向かって走るクマを発見。すぐに猟友会と署員が車で後を追った。クマは国道ののり面を上ったがフェンスがあったためか道路を越えられず、追い付いた猟友会メンバーに駆除された。

 市によると、クマは体長105センチ、体重約40キロのメス。尾花沢小付近で目撃されたクマと同じとみられる。現場で対応した同猟友会の井上節夫会長は「私が知る限り市街地で目撃されたのは2回目。住宅や学校が近かったが人的被害がなくて良かった」と話した。