多彩なバラ 写真で100点

室蘭の愛好会 3、4日にパネル展

©株式会社室蘭民報社

オープンガーデンでバラのせん定をする奥村会長

 室蘭バラ愛好会(奥村宗晴会長)主催の第2回ローズフォトパネル展が8月3、4の両日、室蘭市山手町のNHK室蘭放送局プラザμで開かれる。会員たちが愛情を込めて育て、美しく咲く誇るバラの写真を展示する。

 祝津町の奥村会長宅は、オープンガーデンになっており、60種類以上のバラが花を咲かせている。満開の時期は例年、7月中旬だが、今年は5月下旬に気温が上がったため、咲き始めが早く6月末に迎えた。奥村会長は「雨が多く、花びらの中に水が入ってしまい下を向いてしまった。それでも会員たちはそれぞれ、きれいな花を咲かせました。ぜひ見に来てください」と呼び掛ける。

 フォトパネル展では、会員15人が育てているバラの写真約100点を飾る。世界バラ連合が3年に一度開催する世界バラ会議で、殿堂入りを果たした「サハラ'98」「クイーン・エリザベス」、新種の「クロード・モネ」「ラ・パリジェンヌ」など多彩な品種を撮った写真が並ぶ。

 入場無料。時間は3日が正午~午後6時、4日が午前10時~午後4時。バラの育て方相談なども受け付ける。問い合わせは奥村会長、携帯電話090・8905・9094へ。
(坂本綾子)