京アニ放火、犠牲者34人の身元特定 女性21人、男性13人

©株式会社京都新聞社

「京都アニメーション」第1スタジオの放火から1週間。献花台には色紙も多く供えられている(25日午前9時27分、京都市伏見区)

 「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、京都府警捜査本部が犠牲者34人全員の身元を特定したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。男性13人、女性21人で、年齢は20~60代という。いずれも同社従業員で、一部の遺体については引き渡しを始めている。

 司法解剖の結果、死因は焼死が26人、一酸化炭素中毒が4人、窒息死が2人、全身やけどが1人、不詳が1人だった。府警は、遺族らの心情に配慮しながら、犠牲者の身元の公表時期や方法について、慎重に検討している。