『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』の ≪最終盤≫ブルーレイ、ウィリアム・フリードキン監督のキャリアを描いた 最新ドキュメンタリー映画緊急収録決定!

©有限会社ルーフトップ

9 月 18 日に国内初のディスク化となる、ブルーレイ& DVD が発売となるウィリアム・フリードキン監督の『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』ですが、その 2 枚組ブルーレイ商品である『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』≪最終盤≫ブルーレイに、フリードキン監 督の映画キャリアを描いた最新のドキュメンタリー映画『フリードキン・アンカット』(2018 年/イタリア 映画)が緊急収録されることがたった今、決定致した。完全な新作映画がこの商品で日本初登場となる。

『フリードキン・アンカット』は 2018 年ヴェネチア映画祭でワールドプレミア上映され、最優秀ドキュメ ンタリー賞にノミネート、イタリアのアカデミー賞ともいわれる 2019 年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・ 最優秀ドキュメンタリー賞にもノミネートされた長編ドキュメンタリー映画で、アメリカのリリースが 8 月に予定されている完全な新作映画。『フレンチ・コネクション』(1971)でアカデミー作品賞・監督賞ほか 5 部門受賞、『エクソシスト』(1973)で全世界にオカルト・ブームを巻き起こした巨匠ウィリアム・フリー ドキン自身のインタビューを軸に、エレン・バースティン、ウィリアム・ピーターセン、ウィレム・デフォ ーなどのフリードキン作品出演者のほか、盟友のフランシスコ・フォード・コッポラ、フリードキンを敬愛 するクエンティン・タランティーノやエドガー・ライトなど錚々たる面々がフリードキンについて語り、映 画監督としてのフリードキン、一人の人間としてのフリードキンを浮き彫りにしていく。

監督はイタリ アの若手フランチェスコ・ジッペル。目下のフリードキン最新監督作『悪魔とアモルト神父 -現代のエクソ シスト-』(2017)でラインプロデューサーをつとめた俊英。フリードキンは巨大なヒット作や『恐怖の報酬』 のような作家性を爆発させた作品など多くの重要作品を映画史に刻んできた監督だが、ひとつのジャンルを 突き詰めたスペシャリストとはならず、あらゆるジャンルに挑戦してきた監督。だがそれがゆえに<フリー ドキンとはいったいどんな監督なのか>という輪郭が見えづらかったのも事実。本作はドキュメンタリー映 画から映画作りをスタートさせたフリードキンの映画監督としての姿、そしてフリードキンという人間がど ういう人物なのか、ということに初めて迫った記録映画となった。

特に日本では未紹介に終わっているフリードキンのデビュー作、テレビ・ドキュメンタリー『People vs Paul Crump』(1962)は、実際に死刑宣告 を受けていた黒人ポール・クランプが無実だと信じたフリードキンがそれを訴えるために制作した作品で、 その作品のあまりのパワフルさにポール・クランプの刑は減刑されたという事実は非常に興味深く、フリー ドキンの人間性の一端を垣間見ることのできる出来事である。

またフリードキンは妥協を許さない映画作り の鬼ともいわれるが、そのとおり本作内でも存分に吠えており、まさにフリードキンという人間を理解する 最良の作品といえる出来となっている。 そんな本作が緊急収録されるのが『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』の 2 枚組≪最終盤≫ブルーレイ。40 年前に監督に無断で約 30 分もカットされ、編集も完全に変更された不本意なバージョンで公開されていた 『恐怖の報酬』が監督の意図する【オリジナル完全版】として日本で初めて劇場公開されたのが昨年 11 月。 旧作の再上映としては異例の観客動員を記録する大ヒットとなり、この度のブルーレイは待望の国内初ディスク化となる。

その豪華版 2 枚組ブルーレイである≪最終盤≫には『フリードキン・アンカット』以外 にも『ドライヴ』(2011)のニコラス・ウィンディング・レフンがフリードキンの心の内に迫ろうとして窮 地に立たされる緊張感あふれる約 77 分の対談のほか、フランスの映画評論家による解説、ニューヨークで の撮影時の貴重な現場映像(音声なし)など、200 分を超える映像特典が収録。さらにはフリードキンの日 本独自の最新インタビュー記事を含む全 88P の解説書が付属するなど、『恐怖の報酬』だけでなく、ウィリ アム・フリードキン監督を知るうえでの全映画ファン必携といえるアイテムだ。

■2018 年ヴェネチア映画祭・最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート
■2018 年シカゴ国際映画祭・最優秀ドキュメン タリー賞ノミネート
■2019 年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞・最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート
■2019 年イ タリア批評家協会賞・シルバーリボン賞受賞
2018 年|イタリア映画|106 分|原題:FRIEDKIN UNCUT
監督:フランチェスコ・ジッペル

■フランシス・フォード・コッポラ
ビリーは悪についての哲学は述べない。悪そのものを提示する。彼の映画は悪を暗示するものではなく、悪が示されるのだ。

■クエンティン・タランティーノ
『エクソシスト』は完璧なホラー映画だ。

■エドガー・ライト
彼の作品はあまりにリアル過ぎて、絶対に色褪せることはない。

■ランディ・ジャーゲンセン
彼はいい刑事になったにちがいない。

■デイミアン・チャゼル
彼はどこかヒッチコックのようだ。アートと商業性の完璧な融合だ。