Snow Man・深澤辰哉が古川雄輝主演「悪の波動」で初の刑事役

©株式会社東京ニュース通信社

WOWOWプライムで10月6日にスタートする連続ドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(日曜午後10:30)に、主演の古川雄輝、ヒロインのSUMIREに加え、池田鉄洋、深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.)、平埜生成らが出演することが決まった。

「殺人分析班」シリーズは、麻見和史著の原作をもとに、木村文乃主演で2015年に「石の繭」、翌年に「水晶の鼓動」として放送された警視庁の犯罪捜査を描くミステリー。今回はシリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯トレミーこと八木沼雅人(古川)がいかにして冷徹無比な殺人鬼になったのかが描かれる。

池田と深澤は本作の本筋となる川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする刑事役で出演。平埜が演じるのは、浅田吉佳(SUMIRE)の兄・浅田剛志。剛志と吉佳は母親違いの兄妹。妹に金をせびり、自分の思い通りにならなければ暴力を振るうこともいとわない無慈悲な男を怪演する。

深澤は「最初に出演のお話をいただいた時、刑事役は初めてだったのでドッキリなのかなと思っていました。台本を渡されて、そこで本当だったのかとようやく実感できたのです」とうれしそう。刑事役だが「普段とはかけ離れた役柄を演じられるということで、とても楽しみにしておりました。緊張はしましたが、とても楽しく、充実した撮影期間にできたと思います。それがこの作品に反映できていたらいいなと思います」とアピールしている。