韓国、RCEPでも主張へ

日本の輸出規制強化

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル、ジュネーブ共同】韓国政府が、中国河南省で開かれている東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉会合で、日本による半導体材料の対韓輸出規制強化措置を取り上げる方針であることが分かった。韓国産業通商資源省が25日明らかにした。日本の措置が世界貿易のルールを損ない、RCEP域内の貿易自由化を阻害すると呼び掛けるとしている。

 RCEPは、日本や中国、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)などの計16カ国による広域経済圏構想。日韓の対立が多国間協議の場に持ち込まれ、年内妥結を目指す自由化交渉が停滞する可能性が出てきた。