小栗旬「この映画を観て、僕を嫌いにならないで(笑)」 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ジャパンプレミアムに登場!

©株式会社リライアブルピーアール

俳優の小栗旬が25日、都内で行われた9月13日(金)より公開される映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のジャパンプレミアムに出席。共演の沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌、そして監督を務めた蜷川実花も登場した。

本作は監督の蜷川が、構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に映画化。
主人公の太宰治を演じる小栗旬は蜷川と初タッグ。究極のダメ男でモテ男、才気と色気にあふれた最高にセクシーでチャーミングな、かつてない太宰像を創りあげた。太宰の正妻・美知子に宮沢りえ、作家志望の愛人・静子に沢尻エリカ、最後の女・富栄に二階堂ふみとそれぞれの世代を代表する女優たちが圧巻の演技力で魅せる。

太宰と女たちを取り巻く男性陣にも、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也と超豪華キャストが集結している。

蜷川は「なんでこんな凄いものが撮れましたんだろう?とちょっと自分でも驚いています、自分だけの力じゃなくて、ありとあらゆる奇跡が重なったことにより生まれた映画です。」と話し、さらに、太宰役は小栗君しか浮かばなかったと説明。それに対して小栗は「嬉しかったです。それでもらった脚本を読んだときに、”大変だろうな~”と少し迷ったんですが、これを演じないのは俳優としてどうなのか?と、素晴らしい脚本に出会えて良かったです。」とコメントした。

さらに、本作は第76回ヴェネチア国際映画祭での上映が決定。嬉しいニュースに小栗は「これは日本を感じることが出来る映画なので、昔の日本の町並みもたくさん出てきます。日本の文化だからこそ生まれた太宰の姿を、海外の人がどのように楽しんでくれるのかが楽しみです。」と嬉しそうな表情で話した。
最後に小栗は、「この映画を観て、僕を嫌いにならないでください(笑)」と笑いを誘い、会場を後にした。

©2019「人間失格」制作委員会
配給:松竹 アスミック・エース