台風6号、近畿~東日本に上陸か

週末は荒天

©一般社団法人共同通信社

台風6号の予想進路(26日12時現在)

 26日午前、本州の南の海上で熱帯低気圧が台風6号に変わった。北寄りに進んで27日から28日にかけ近畿から東日本の太平洋側に近づき、上陸の恐れもある。気象庁は大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 強風や高波も予想され、夏休みシーズンの週末で屋外のレジャーを計画している場合は注意が必要だ。花火大会などイベントの開催に影響が出る可能性もある。

 台風は26日午後3時現在、和歌山・潮岬の南約290キロを時速20キロで北北西へ進んだ。