医療的ケア児の願い事を絵と詩に 大和ネクスト銀行、展覧会の会期を延長

©株式会社共同通信社

大和ネクスト銀行は、グラントウキョウノースタワー(東京都千代田区)で7月31日までの予定で開催している「『医療的ケア児の願いを絵画に』WISHくん展」の会期を8月30日まで延長する、と発表した。入場無料。

重い病気を持つ子どもと家族を支える医療型短期入所施設、国立成育医療研究センター「もみじの家」に集まった50の願い事を、愛知県を中心に活動しているアーティストのドン氏が絵と詩で表現した。大和ネクスト銀行は、貧困や飢餓の撲滅に向けた国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に取り組んでおり、その一つである「すべての人に健康と福祉を」の一環として同展を開催した。想定を上回る来場者があったことから会期を延長することにした。