米、トルコ制裁の回避を模索か

トランプ氏、重鎮議員介し

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米軍事専門ニュースサイト、ディフェンス・ワンは25日、トランプ大統領の依頼を受けた共和党重鎮グラム上院議員がトルコのチャブシオール外相と電話会談し、同国に搬送されたロシア製地対空ミサイル「S400」を運用しなければ、米国の制裁を回避できると伝達したと報じた。対トルコ制裁に慎重なトランプ氏が、打開策を探っている可能性がある。

 米議会ではトルコに制裁を科すべきだとの声が強まっているが、トランプ氏は判断を示していない。同サイトによるとグラム氏は24日に電話で、S400の運用開始の見送り提案と共に、貿易交渉の開始を打診した。