成田凌、黒島結菜、竹野内豊らが“痛快活劇”繰り広げる『カツベン!』予告編

©映画ランド 株式会社

周防正行監督の5年ぶり新作となる映画『カツベン!』が12月13日(金)より公開される。この度、本作の予告編が解禁となった。

今からおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われていた。当時最先端だった映画はサイレントでモノクロ。日本人が映画の虜になったのは、楽士の奏でる音楽と共に、独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」、通称“活弁(カツベン)”がいたからだった。周防正行監督が今回選んだテーマは“しゃべりのスペシャリスト”。

活動弁士を夢見る青年、俊太郎を演じるのは、本年度アカデミー賞新人俳優賞を受賞した成田凌。「声」にまつわる壮絶なオーディションを勝ち抜き、映画初主演に挑戦する。そんな成田演じる俊太郎が町の小さな映画館で働くことになり、映画館館主(竹中直人)や、館主の妻(渡辺えり)、かつて憧れた弁士で酒飲みオヤジ(永瀬正敏)、イケメン看板弁士(高良健吾)、ヒロインの新人女優(黒島結菜)、ライバル映画館の親子(小日向文世、井上真央)など一癖も二癖もある個性的な面々に囲まれ四苦八苦。

さらに俊太郎が持つ謎の大金を巡り、大金を狙う泥棒(音尾琢真)に追われ、泥棒を追う熱血刑事(竹野内豊)も加わり、物語は誰も想像できない空前絶後のドタバタ大騒ぎに。抱腹絶倒の痛快活劇を期待させる予告編になっている。

映画『カツベン!』は12月13日(金)より全国公開

(C)2019 「カツベン!」製作委員会